アクセスランキング ブログパーツ 外国為替の相場はいったいどこで誰が決めているの?

    乃木坂46アンダーライブ初日レポ



     行ってきましたアンダーライブ初日。

     久しぶりにライブに参加したので体が疲れていますが、それ以上に色々とありすぎたので精神的に参っているところでもあります。

     ただ2日目が始まる前に書いておかないと意味がないと思うので、初日のレポを簡単にまとめておきたいと思います。

     【本日もろってぃーコール】

     ライブ開始前、本日も「1、2、3、4、5、ろってぃー!!」のコールがかなりの人数でありました。あれは結構盛り上がりますよね。
     終わったあとに拍手が起こっておりました。もはや定番ですね。

     【本日の影ナレ】

     本日はひめたんこと中元日芽香と、堀未央奈の2人が開演5分前の18時25分に影ナレを担当しました。

     なおその際に中元さんがちょっと噛んだ時に謎のテレを見せて、ファンの方から大歓声が上がっていました。
     さすが、4年間で色々なものを飾り付けた(オリラジ中田さんによるひめたん評)ひめたんですね(笑)





     【初日セットリスト】

     ・嫉妬の権利
     ・自由の彼方
     ・13日の金曜日
     ・ダンケシェーン
     <ダンスを入れた自己紹介>
     ・狼に口笛を
     ・生まれたままで
     ・指望遠鏡
     ・他の星から
     ・孤独兄弟
     ・サイコキネシスの可能性
     ・ハウス!
     ・命は美しい
     ①最初のMC
     ・太陽ノック
     ・君は僕と会わない方がよかったのかな
     ・あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
     ・会いたかったかもしれない
     ②2度目のMC
     ・私のために誰かのために
     ・水玉模様
     ・ロマンティックいか焼き
     ・転がった鐘を鳴らせ!
     ③3度目のMC
     ・制服のマネキン
     ・僕がいる場所
     ・涙がまだ悲しみだった頃
     ④4度目のMC
     ・ぐるぐるカーテン
     ・走れ!Bicycle
     ・パレッタ
     ・左胸の勇気

     <アンコール>
     ・今、話したい誰かがいる
     ・シャキイズム
     ・月の大きさ
     ・君の名は希望

     <永島さんからのお知らせ>

     ・悲しみの忘れ方

     全部で32曲ですね。

     18時半から始まって2時間半行われたので21時まであったわけですが、ほんとあっという間に感じましたね。
     そんなアンダーライブで行われたことを簡単に紹介します。

     【1、ノンストップライブ】

     セットリストを見ていただいて分かる通り、「嫉妬の権利」~「命は美しい」までの間、多少なりはメンバー(ひめたん)が喋りました(しかも喋ったのはノンストップライブだぜ!みたいなやつだけ)が、それ以外はノンストップでライブが行われました。

     アンダーライブで行われて好評だった「ノンストップライブ」というやつですね。
     更にそのノンストップライブの間で1人ずつダンスを入れながら自己紹介をするというアンダーライブでお馴染みのものを入れていたので、それも良かったです。

     【2、全員センター】

     こちらはアンダーライブで行われて好評だった企画。
     その名の通り、アンダーライブに参加している全員がセンターを務めるという斬新な企画なわけです。

     今回は2日間に分けて実施するということで、初日は「太陽ノック」~「涙がまだ悲しみだった頃」までの11曲をそれぞれのメンバーが務めました。
     そして②の2度目のMC部分を最初の4曲でセンターを務めた4人が、③の3度目のMCを次の4曲でセンターを務めた4人が、そして④の4度目のMCを最後の3曲でセンターを務めた3人を中心に全員でトークするという感じでした。

     なおセンターを曲ごとで紹介すると以下の通りとなります。

     ・太陽ノック:斉藤優里
     ・君は僕と会わない方がよかったのかな:和田まあや
     ・あの日 僕は咄嗟に嘘をついた:永島聖羅
     ・会いたかったかもしれない:新内眞衣

     ・私のために誰かのために:堀未央奈
     ・水玉模様:北野日奈子
     ・ロマンティックいか焼き:渡辺みり愛
     ・転がった鐘を鳴らせ!:相楽伊織

     ・制服のマネキン: 能條愛未
     ・僕がいる場所:伊藤かりん
     ・涙がまだ悲しみだった頃:伊藤純奈

     【3、北野日奈子、専属モデル決定!】

     ちょうど全員センターをしていて③の3度目のMCの時間に、「水玉模様」を歌った北野さんから嬉しいお知らせが!

     なんと、ファッション雑誌「Zipper」の専属モデルになることが決定したわけです。
     これまで北野さんはアナスイのモデルを務めていることはありましたが、単独での専属モデルは初めてとなります。

     ちなみに北野さん最初の登場となるものは12月22日に発売されるそうです。

     【4、そして永島さんから・・・】

     そんなスピーディーな展開あり、全員センターあり、嬉しいお知らせありで進んで行ったライブが興奮したまま終わりに近付き、「君の名は希望」を歌い終わってあと1曲というところで、ちょっとみんなで感想とかを言っている時があったんですね。

     そこで中田さんがお父さんがライブに来ていることを話していたりして盛り上がっていたのですが、そこで急に謎のチャイム音(ピンポンパンポンという音)と共に、スクリーンに「※ここで、永島さんからお知らせがあります」なる文字が。

     自分はトーク中に突然楽しげな音が入ったし、今日のライブの流れなら永島さんも何か嬉しいお知らせでもあるのかな?みたいな感じで聞こうと思っていたのですが、なぜか永島さんがすすり泣いてるんですよね。

     でも永島さんのことだから、すすり泣くと見せかけてウケを狙いに来るのかな?みたいな感じでまだ見ていました。
     ただいつまで経っても笑顔を見せないので、周りのファンも「マジか・・・」とか「まさか・・・」みたいな空気になっていきます。

     そして永島さんが「17歳から乃木坂に入って・・・」みたいな流れになって、悪い予感なるものが的中してしまいました。
     もう皆さんお分かりだと思いますが、「乃木坂46を卒業します」という言葉が永島さんの口から発せられてしまいました。

     正直嘘だと思ってほしいと思っていましたが、周りのメンバーは落ち込んでるし泣いてるメンバーもいたので、これは嘘じゃないんだなと感じました。

     その後永島さんが泣きながらも色々と思いを話したところで、そのままラストの「悲しみの忘れ方」へ。

     すると会場が、永島さんのサイリウムカラーである黄色に染まったんですよね。

     ただこれって、誰もやってくださいとは言っていないんですよね。
     ファンの人たちが思い思いに黄色を作ったわけです。自分も永島さんのことを聞いてダブルピンクからダブルイエローに変えましたが、皆さんも同じ思いだったんだなぁと思うと感動してしまいました。

     しかも曲が「悲しみの忘れ方」とは・・・これを見て、縁の下の力持ちだった永島さん、ムードメーカーだった永島さんを僕もそうですがファンのみんなが好きだったんだなぁと感じられましたよね。

     永島さんはなかなか選抜に選ばれずに苦労したと思いますが、それでもこれまでアンダーライブを支えてくれていた永島さん(全てのアンダーライブに出ているのは永島さんだけだったような気がします)を、この日ライブに来ていた多くのファンが頑張りを認めていたということです。

     それが最後の「一面黄色」という感動的な光景だったのだと思います。





     【まとめ~興奮あり、喜びあり、感動ありの150分~】 

     ということで、初日はトークやコントみたいなものはあまりなく、どちらかというと歌とダンス重視の内容でした。

     僕はどちらも好きなので良いのですが、歌とダンスという基本を重視しつつファンが楽しめる工夫をしてくれるのはこのアンダーライブの良さだなと思っているので、かなり満足しました。

     ただ明日はセットリストも変わるようですし、全員センターも初日に行っていないメンバーが2日目に行うこととなります。
     あとはサンクエトワールが登場するかしないのか、といったところでしょうかね。

     いずれにせよ、2日目のアンダーライブも楽しみなところです。自分も永島さんにとって最後のアンダーライブになる可能性が高いから行きたいのですが・・・何とかして確保しましょうかね。

      ※そのアンダーライブに関しては以下に掲載する「乃木坂46物語」に詳しく載っていると思います。気になる方は購入してみてはどうでしょうか。

    乃木坂46物語



     乃木坂ファンはクリック願います

    にほんブログ村

    乃木坂46 ブログランキングへ

     ※当ブログを定期的にご覧になりたい方はこちらからRSS登録を

     ※アンダーライブに関する紹介はこちらからどうぞ→アンダーライブについて
    関連記事
    スポンサーサイト



    COMMENT 0