アクセスランキング ブログパーツ 外国為替の相場はいったいどこで誰が決めているの?

    紅白歌合戦で乃木坂46が歌う「君の名は希望」とはどんな曲か



     先ほど紅白歌合戦の曲目が発表されまして、乃木坂46は「君の名は希望」に決定しました!

     この曲に決まったことはファンのなかでは盛り上がっているわけですが、乃木坂46を知らない方にとってはその理由が分からないと思います。

     そこで今回は、乃木坂46を知らない方のために「君の名は希望」という曲について紹介したいと思います。
     更に、どうしてファンの方々は盛り上がっているのかも説明したいと思います。





     【君の名は希望とは?】

     この曲は2013年3月13日に発売された乃木坂46としては5枚目となったCDの表題曲でして、今ではライブの終盤に流れる定番として定着した曲。曲調はアイドルのイメージでよくある明るいポップな漢字ではなく、しっとりとした印象が強い曲です。

     だからこそライブの終盤に良い雰囲気にもっていくときには持ってこいの曲であります。メンバーが歌っている時にファンがメンバーの名前を叫ぶ「コール」というものをこの曲では基本的にせずに誰もが静かに聴ける点でも、ファンのなかでは根強い人気を誇る曲であります。

     また歌詞が素晴らしいことでファンのなかでは有名な話なのですが、実際に下記に歌詞のページに繋がるようにしておくのでご覧いただければ幸いです。

     こちらが「君の名は希望」の歌詞です→歌詞に繋がるページ

     更に歌詞に関する林修氏の解説が載ったページも掲載しますので、そちらも合わせて読んでいただければより一層歌詞の凄さが分かると思います。

     林修氏の解説ページはこちら→ 林修氏の解説

     ご覧いただいた通り、色々な仕掛けを歌詞のなかに入れて、これまで「透明人間」として存在を認知していなかった「自分」が「彼女」と出会うことで変わっていく世界観を表して出会いの大切さを歌った素晴らしい曲だということが分かります。

     【なぜこれを紅白で歌うことになったのか?】

     そんな「君の名は希望」という歌ですが、この曲は申し上げた通り2013年3月に発売された曲ですから、2年半以上経っているということになります。

     それでもこの曲を乃木坂46紅白初出場で歌うことになった理由として考えられるものとしては以下のものが考えられます。

     ①アイドルのイメージと違う印象を乃木坂46に持たせるため
     ②ファン、メンバーなどの間でも人気の高いこの曲をもっと世間に広めるため
     ③「乃木坂らしさ」が発揮される曲だから

     まず①ですが、先ほどから申し上げている通り「君の名は希望」という曲はザ・アイドルといわれる明るい曲ではなくしっとりと歌う曲なので、乃木坂46を知らない方々が持っているアイドルとしてのイメージを変えるためには打ってつけの曲です。

     ですから、発売から2年経った今回の紅白で敢えて歌うことで初出場の乃木坂46に対するイメージを変えてもらえるという狙いがあると思っています。

     次に②ですが、この曲はファンは勿論、メンバーや乃木坂46の番組でMCを務めているバナナマンのお二人も大好きな曲として挙げていることが多い良い曲なので、もっと世間の人に知ってほしいという思いがあるはずです。
     そのために、紅白歌合戦で歌って少しでも多くの人にこの曲を聴いてもらいたいという狙いがあると感じます。

     最後に③ですが、まず「乃木坂らしさ」という言葉がファンの間ではよく言われています。
     簡単に説明すれば乃木坂46は他のアイドルグループにはない「らしさ」があるんだぞという意味合いとなります。

     そんな「乃木坂らしさ」ですが、この曲はそれを見せるにはこの曲はピッタリな曲なんです。
     先ほど申し上げた通り曲調が普通のアイドルとは違う感じなのでその点は「乃木坂らしさ」の1つなのですが、更に以下の動画を見ていただければ分かると思います。

     
     
     ご覧いただいた通り、乃木坂46のメンバーがこの曲のピアノ演奏をしているんですよね。
     これを弾いているのは生田絵梨花(いくたえりか)さんという方(過去にビブリア古書堂の事件手帖や残念な夫といったドラマにも出演しています)なのですが、アイドルの曲でピアノを弾きながらしっとりと歌うというのは、普通のアイドルとは違ったまさに「乃木坂らしさ」といえると思います。

     つまり、こういった「乃木坂らしさ」を出せる「君の名は希望」を選んだことで、初出場の乃木坂46に対して「あのアイドルはちょっと違った感じだな」と多くの方に意識してもらうことを狙いとしていると感じます。

     【君の名は希望を紅白で歌うことでファンが盛り上がる理由とは?】

     ということで紅白で歌う理由としては上記の3つだと思うのですが、同時にこの曲を歌うことでファンが盛り上がっている、喜んでいるコメントが多く出ています。

     それはなぜか。自分が考えた理由としては以下の通りです。

     ①「乃木坂らしさ」を出すには打ってつけの曲だから
     ②ファンのなかで最高の曲だといわれているこの曲を紅白で披露できるから
     ③卒業メンバーへの最高の餞になるから

     まず①ですが、先ほど説明した「乃木坂らしさ」を1番見せることができるこの曲を紅白で歌えることに対する喜びの声。
     それと付随するのが②ですが、自分も良い曲だと思っているこの曲をもっと世間の人たちに知ってもらいたいというのがあるので、紅白という多くの国民の方々がご覧になる場で歌えることに喜びを感じております。

     そして③ですが、これは卒業することになったメンバーへの餞として理想的だと思う理由からです。
     実は今回、乃木坂46を卒業することになった永島聖羅(ながしませいら)というメンバーがいます。

     永島さんは選抜という、表題曲を歌えることができるメンバー(全メンバー37人中15人前後で組まれる)に1度しか入ったことがないのですが、選抜に入れた時の表題曲がこの「君の名は希望」だったんです。

     つまりは乃木坂46のメンバーとしては最後の出演となる紅白歌合戦で自分が唯一選抜入りできた「君の名は希望」を歌えるという最高の餞になるということです。
     自分も永島さんにとって乃木坂46メンバーとしての最後の紅白出場が良い形になるので嬉しく思っています。





     【まとめ~この曲がもっと世間に広まるように~】

     ということで、「君の名は希望」という曲について、そして今回紅白で歌う理由、更にこれを歌うことでファンが盛り上がっている理由に関してお分かりいただけたのではないでしょうか。

     自分も「乃木坂らしさ」が1番発揮でき、なおかつ卒業するメンバーへの最高の餞として、この曲が発売から2年以上経って紅白で披露されることはかなり意味があると思っています。

     恐らく、紅白歌合戦での出演は一瞬だと思います。
     でもその一瞬で、乃木坂46を知らなかった方々に少しでも他のアイドルとは違うなという印象が残れば良いなと願っています。

     こちらをクリック願います

    にほんブログ村

    乃木坂46 ブログランキングへ

     ※当ブログを定期的にご覧になりたい方はこちらからRSS登録を

    12月23日発売!ALL MV COLLECTION




    絶賛発売中!乃木坂46物語


    関連記事
    スポンサーサイト



    COMMENT 0