アクセスランキング ブログパーツ 外国為替の相場はいったいどこで誰が決めているの?

    乃木坂46クリスマスショー2日目レポ



     行ってまいりました乃木坂46クリスマスショー2015。

     2日間全て行ったアンダーライブ、通称アンダラも良かったですが、こちらも良かったですね。
     今回はそんなクリスマスショーのレポをまとめておきたいと思います。

     ※アンダーライブのレポが気になる方は以下からどうぞ

     ・アンダーライブ1日目→こちらをクリック
     ・アンダーライブ2日目→こちらをクリック





     【本日もろってぃーコール】

     もはやライブ前の定番になってきたろってぃーコールが今日も響いておりました。
     ちなみにろってぃーと叫んだあとに7,8,9、純奈(伊藤純奈)、11,12、ジョンソン(能條愛未)と叫ぶ方もおりました。

    そのろってぃーこと川村真洋



     【本日の影ナレ】
     
     この日の影ナレは生駒里奈とキャプテン桜井玲香が担当。

     2人の煽りの上手さはさすがでしたね。この日も影ナレの時点で盛り上げておりました。

     【セットリスト】

     ・命は美しい
     ・世界で一番孤独なLOVER
     ・ポピパッパパー
     ・月の大きさ
     ・気づいたら片思い
     ①最初のトークタイム
     ・何もできずにそばにいる
     ・嫉妬の権利
     ・立ち直り中
     ・隙間
     ・せっかちなかたつむり
     ・あらかじめ語られるロマンス
     ・大人への近道
     ②秋元、生田、生駒、西野によるトークタイム
     <クリスマスメドレー>
     ・何度目の青空か
     ・ガールズルール
     ・命は美しい
     ・制服のマネキン
     ・おいでシャンプー
     ・転がった鐘を鳴らせ
     ③伊藤万理華、齊藤飛鳥、桜井玲香、高山一実、星野みなみによるトークタイム
     <高山プレゼンツ妄想クリスマス>
     ・やさしさとは(生田絵梨花の場合)
     ・私のために(桜井玲香の場合)
     ・初恋の人を今でも(井上小百合の場合)
     ・君は僕と合わないほうがよかったかな(堀未央奈の場合)
     <普通の曲披露へと戻る>
     ・今、話したい誰かがいる
     ・君の名は希望
     ・ガールズルール
     ・ロマンスのスタート
     ・ダンケシェーン
     ④トークタイム(衛藤美彩による挨拶)
     ・失いたくないから
     <アンコール>
     ・ハウス!
     ・走れ!Bicycle
     ⑤トークタイム(松村沙友理、中元日芽香による挨拶)
     <サプライズ発表①バースデーライブについて>
     <サプライズ発表②紅白歌合戦について>
     ・悲しみの忘れ方
     <ダブルアンコール>
     ・乃木坂の詩
     <会場中から永さんコール>
     ・永さんが登場して会場の皆さんへ挨拶

     被ったのを入れて30曲近くを披露した内容。最後の挨拶も含めると21時過ぎまで行ったので、アンダラ最終日と同様武道館の規定を少し無視してやってくれた運営さんに感謝です。

     ここからは随所にあった出来事を時系列順にまとめておきます。





     【若月佑美に対して樋口日奈が放った言葉とは?】

     ①の最初のトークショーの時に、登場時に着ていた服装について若月が「ひなちま(樋口日奈)に若月さんがTMRの西川さんに見えると言われた」と明かしました。

     いわれてみれば、服装自体がTMRっぽいですし、ショートヘアーで男っぽい若月さんが西川さんに見えるのは確かに間違いないとはいえます。

     更に若月さんは履いていたブーツの中に「乃木坂工事中」で披露された割り箸を隠していることを告白。
     どこかで出すということなので、どこで出すのか気になるところでトークが終わりました。

    そんな若月さんが選んだ「乃木坂ってどこ」の名場面集DVD



     【永さんによる挨拶】

     若月さんのトークのあとに永島聖羅が呼ばれ、そのなかで感謝の思いを述べつつ「今日は盛り上がっていきましょう!」と呼びかけてそれぞれのブロックに煽っていきました。

     明るくいきたい永さんらしい挨拶となりました。

     【秋元真夏の妄想クリスマスはパクリ?】

     ②のトークタイムでは秋元真夏が日曜日に放送された「乃木坂工事中」の妄想クリスマスで使ったネタ(最後は自分がプレゼントになるというもの)が前年に同じことをしていた生田絵梨花のパクリだと暴露。
     しかも前年に放送を見てメモをしていたということで完全なる確信犯だったわけですが、そこは生田さんの秋元さんへの愛(?)にて解決しました。

    そんな秋元さんが昨年参考にした「乃木坂ってどこ?」



     【生田絵梨花のクリスマスの思い出】

     同じ②のトーク内でクリスマスの思い出話をすることとなり、生田さんが「小学校3年生の時にゲーム機をお願いしたんですけど、次の日起きてみたら学習ビデオが3本置いてありました。あれでサンタを敵だと思っていました」と紹介。
     英才教育を施していたといわれている生田さんのご家庭ならではのエピソードですよね。

     ちなみに自分の関係するところで思い出すと、姉貴がハムスターをお願いした時にサンタから「ハムスターはダメなんだよ」という意味で書かれた英字の手紙が次の日に置かれていたことはありました。やっぱり生き物はダメですよね(^_^;)

     【生田絵梨花は皮剥ぎが好き!?】

     そんな生田さんの思い出話から生田さんがゲーム機を欲しがったことに対して残りのメンバーが意外だということに。

     そこから生田さんはこれまでゲームをしたことがないというところから、西野七瀬さんが「最近モンハン(モンスターハンター)を一緒にやっている」という話になり、更に西野さんが「生田さんは皮剥ぎが好きなんですよ」と話すと、ちょっとおかしな雰囲気に。
     その後西野さんが「モンハンで狩りをしたあとに皮を剥ぐんですよ」と説明して会場を納得させましたが、それにしても生田さん皮剥ぎ好きってのはちょっとビックリでしたよ。

    そんな生田さんがやっているモンスターハンターは現在発売中



     【西野七瀬のクリスマスの思い出】

     次は西野さんの思い出話となり、そこで「小学校3年生くらいの時にお兄ちゃんと夜まで起きてサンタを見ようと話してたんですけど自分は1時くらいに寝てしまって・・・次の日兄に聞いたら見たっていうんで、質問攻めしました。色々教えてくれました」と披露。

     結局は兄の優しい嘘(本当の正体を教えなかった)だったと後々になって気付いたということですが、それにしてもお兄さん優しいですね。

     自分なんて、小学校4年生の時に、たまたまサンタが来た時に目が覚めたという姉貴に笑顔でサンタの本当の正体を次の日に言われましたもん。あれは正直トラウマレベルでした(笑)
     せめて、西野さんのお兄さんぐらい優しい嘘をついてほしかった・・・

     【生駒里奈のずっきゅんポーズ】

     続いて生駒さんのクリスマスの話では、思い出ではなく「毎年真夏(秋元さん)にクッキーをプレゼントしてほしいと言っているのになかなか貰えない」と暴露。

     ついでに会場で今年のクリスマスはクッキーのプレゼントを約束してほしいという流れになったのですが、秋元さんが「交換条件として、ここでずっきゅんポーズをしたら作ってあげる」と返すと、会場は大盛り上がり。

     初めてそのポーズをすると更に会場は盛り上がったので、秋元さんはクッキーを作らないといけなくなりましたね。

     【ライトセーバー再び~クリスマスメドレー~】

     ②のトークのあとは元気ロケッツさんによるクリスマスメドレーでした。

     そのなかの「命は美しい」で。テレビで観ていた初日と同じライトセーバーが再び登場。
     自分は土曜日にスターウォーズを観ていたのでライトセーバーを見るとどうしてもそれを思い出したのですが、このショーもそういうことでしょうかね。

     違う形での「命は美しい」になったので、それはそれで良かったです。

     【齊藤飛鳥のトーク】

     クリスマスメドレー終了後に行われた③のトークでは齊藤飛鳥さんが欅坂46の上村さんについて言及。

     上村さんは自分の握手会に来てくれていたことや齋藤さんの握手会に来たファンが「上村さんに推し変します」と言ってくる人が増えたこと(それを齊藤さんは止めもせず「バイバイ」と軽くあしらうようですが笑)などを明かしました。

     言ってきたファンのことを他のメンバーが「齊藤さんに止めてほしかったんじゃないの?」と聞きましたが、齊藤さんは止めるつもりはないと言い放ちました(笑)。
     ただ最後は上村さんを応援してくださいで終わったので、そこまでライバル心は持っていないのかなと思えて安心しました。

     【高山一実プレゼンツ妄想クリスマス】

     そんなトークショーのあとは初日も行われた妄想クリスマスへ。

     最初は生田さんが登場し、設定はウィーンに留学することとなる彼女役で、2週間ぶりにデートしたその日は終始不機嫌だという内容でした。
     ただ実はツンデレをしていただけで、留学したら彼女作ったら良いじゃんとか言いながら、最後には「忘れないでね?」みたいな告白をして曲に入るというものでした。

     続いて桜井さんが登場し、クリスマスが初デートという設定。
     ちょっと奥手なのでなかなか言いだせなかったのですが、最終的には手を繋ごうとなって曲に入るというものでした。
     ただ曲が終わったあとにやっぱり手を繋ぐのをやめて(恥ずかしがったのを明るく振舞って隠した感じ)走り出すという場面で終わりました。

     続いて井上さんが登場し、設定は実家に送り届ける場面。
     実家なので門限があるから帰らないといけなくなったのですが、最後に「門限まで残り3分・・・それまでずっとギュッとしてて良いですか?」と問いかけて曲に入っていきました。
     そして曲が終わってから「大好きです」と告白して終わるという内容でした。

     最後は堀さんが登場し、設定は普段は無口だけど大好きなホラー映画を観た後に饒舌になる大学の後輩という設定。
     ホラー映画を観た後に物凄いテンションでまくしたてるのですが、最後に「変わった私を受け入れてくれるあなたが好きです」と告白して曲に入りました。
     そして曲が終わった後に「浮気したら・・・呪い殺しますからね」と笑顔で話し、モニターに「乃木坂工事中」で披露された堀ゾンビが登場して終わるという内容でした。

     ということで、これがこの日の妄想クリスマスの内容となります(一部曖昧な部分もあるのでご了承を)。

     勿論どれも良かったですけど、最後の堀ゾンビのインパクトが強すぎて最初の方のインパクトがだいぶん薄れました(笑)
     妄想クリスマスだったのが、最後でホラー映画になった感じでした。

     【若月佑美の割り箸登場】

     妄想クリスマスから通常曲披露になって最後の「ダンケシェーン」の終わりで若月さんが「やっぱ乃木坂だなぁ」と言う時についに出ました割り箸と箸の袋。
     しかもいつの間にか「やっぱ、乃木坂だな」と書いていたので驚きましたが、それに関して若月さんは「曲のなかで急いで書いた」と言っておりました。

     【衛藤美彩の挨拶】

     そんな「ダンケシェーン」を終え、最後の1曲になる前に衛藤さんが挨拶。

     そこで衛藤さんが「こうやって当たり前のようにライブをやっていますけど、それは当たり前ではないわけです。色々な人に感謝しないといけないですね」というようなことを話したわけですが、確かにそうですよね。

     こうやって当たり前のようにクリスマスライブを乃木坂46は2013年から行っているわけですが、普通はなかなか出来ないことですからね。

     衛藤さんの言葉には考えさせられるものがありました。

     【アンコール後の挨拶】

     1回目のアンコールが終わって松村さん、中元さんが挨拶。
     そのなかで松村さんが「さっき失いたくないからを歌っている時に、会場が明るかったからファンの皆さんの顔が見れたんですよね。それで気付きました。失いたくないのはファンの皆さんだということを」と挨拶。

     かつて斎藤佑樹が早稲田大学優勝時に「僕はずっと持っていると言われていましたが、今日何を持っているか分かりました。それは素晴らしい仲間です」とヒーローインタビューで語った時のことを思わず思い出しましたが、どちらにせよ良い挨拶だなと思えました。

     【サプライズ発表①バースデーライブについて】

     そしてその後サプライズが2本続けて発表に。

     1つめはバースデーライブに関することですが、残念ながら閉鎖や改修工事が連発することで都内のコンサート会場を抑えることが難しくなる「2016年問題」のために延期されることが発表されました。
     その分代替的なイベントを開催することや会場が決まり次第行うことを発表しましたが、いずれにせよ延期は避けられないということでした。

     自分はかつて幕張メッセで行う勝手に予想していましたが(それがこちら→2016年バースデーライブを幕張メッセで行うと思う理由とは)見事に外れましたね(^_^;)

     こればかりはしょうがないですが、それと同時にアリーナやドームといった、寒さに耐えられる環境を確保することが難しかったということでしょうね。

     2月という期間はサッカー場や野球場は空いてはいるので確保自体は難しくないとは思うのですが、今年の西武ドームで寒いなかスタッフさんやメンバー、それにファンは大変な思いをしているわけですからね。
     そりゃあ寒さを防げる環境でしたいわけで。

     ただ「2016年問題」でそれが確保できなかったので延期という決断をしたということでしょう。
     延期は残念ですが、延期を阻止するために屋外でやる判断をするよりは数段マシだといえます。

    バースデーライブのDVDはこちら



     【サプライズ発表②紅白歌合戦について】

     続いてのサプライズは紅白歌合戦に関して。

     曲目に関しては月曜日のお昼頃には発表されていたので「君の名は希望に決定!」というお知らせに特段驚きはありませんでしたが、その直後に「紅白歌合戦は37名全員で出場」と出ると会場がドッと沸きました。

     キャプテンの桜井さんも言っていましたが「紅白初出場」というのは今後一生ありません。
     ですからその大事な初出場を全員で出演したいというのは悲願だったわけで、それが決まったのは非常に嬉しい限りですね。

     そしてその瞬間中元さんの目に涙が見えたわけですが、そりゃあ嬉しいですよね。
     これで出れないメンバーがいるのは正直かわいそうでしたから。

     いずれにせよ、バースデーライブは悲報だったので、こちらは朗報ばかりでホッとした次第です。

     【そして響き渡る永島コール】

     そんなサプライズが終わり、ダブルアンコール後の「乃木坂の詩」が終わってメンバーが退場し、会場が明るくなっていつもの場内アナウンスが流れるなか、巻き起こるのは「永島聖羅」コール。

     すると永さんが1人で登場して挨拶し、ステージ上を走り回って左右それぞれの方向のファンへ挨拶回り。
     最後に会場を後にする際にはカーテン越しにメンバーが涙を浮かべながら永さんを迎えて永さんは退場していきました。

     正直、ここまではどちらかというと「君の名は希望」の時にはアンダラの時みたいに黄色に染まることはないしコールはあるしで正直モヤモヤしたものを持っていたんですよ。黄色に染まらないことはしょうがないにしても、コールはねぇだろうと。

     けど、ダブルアンコール後に永さんコールを聞いてスッキリしました。
     あれを聞いて今日来て良かったなと思えましたし、永さん愛されているんだなと感じることができたので。

     永さんも最後の挨拶の時に「ありがとうございました」をマイクを外して大声で叫んだわけですが、2階席にもはっきりと聞こえましたよね。そういった挨拶も含めて、永さんコールからの一連の流れは良かったなと思えました。





     【まとめ~見事なクリスマスショー~】

     ということで、今回のレポはここまで。

     ショーとしては見事なものがありましたし、永さんコールのところなどは乃木坂ファンの良さが見れたところだったので良かったなぁと思っています。

     更に随所であったトークショーもそれぞれで面白いものを見せていただけたので良かったなぁと思っています。
     妄想クリスマスもこの時期だからこそ面白いわけですからね。カメラマンが一生懸命カメラを縦に動かしたり横に動かしたりをするシュールさを見れた点でも良かったなと思っています。

     24,25日はサンクエトワールでイベントがありますが、乃木坂メンバー全員が登場する乃木坂だけのライブは今年はこれにて終了。

     バースデーライブがどうなるか、そしてそれに代わるイベントがどうなるかで2016年最初の乃木坂ライブが決まるわけですが、果たして。

     こちらをクリック願います

    にほんブログ村

    乃木坂46 ブログランキングへ

     ※当ブログを定期的にご覧になりたい方はこちらからRSS登録を

    12月23日発売!ALL MV COLLECTION




    絶賛発売中!乃木坂46物語


    関連記事
    スポンサーサイト



    COMMENT 0