アクセスランキング ブログパーツ 外国為替の相場はいったいどこで誰が決めているの?

    乃木坂46のライブ会場となる日本武道館について


     
     今日、木曜日に行われる乃木坂46アンダーライブのチケットを発券してきました。

     そのアンダーライブが木曜日と金曜日にあり、1日置いて日曜日と月曜日に乃木坂46全メンバーが登場するクリスマスライブが行われるわけですが、その会場が今年は全て日本武道館にて行われます。

     そこで今回は、会場となる武道館について紹介したいと思います。特に、初めて武道館に行かれる方はライブに行く前に読んでいただければ幸いです。





     【日本武道館の簡単な概略】   

     日本武道館は1964年に、東京五輪の柔道会場として完成しました。
     住所は東京都千代田区北の丸公園2-3。近くにある有名なものとしては靖国神社がありますね。

     その日本武道館は「武道館」という名が付いていることもあって日本の武道を鍛えたり披露する場として、また入学式や卒業式などの大規模なイベントを行う会場として現在まで利用されてきました。

     【日本武道館への行き方】

     行き方としては、電車と車の2つです。

     まず電車で向かう場合ですが、最寄駅は九段下駅となります。
     九段下駅は都営地下鉄の新宿線、東京メトロの半蔵門線と東西線の駅となっているので、多くの選択肢があります。
     
     なお九段下駅に着いてからは、2番出口を出ると日本武道館に1番近いとのことです。

     ただ、コンサート帰りなどの混雑時は1番、3番、4番出口を使う場合も考えていた方が良いと思います。2番出口よりは遠くなりますが極端に遠いわけではないので、2番出口以外を使った方が良い時もあります。ちなみに個人的なおススメは2番出口と同じ通りにある4番出口ですね。1番、3番出口は道を渡った先になりますからね。

     ちなみに九段下駅はJRが通っていないので、JRのみ使いたいという方は、市ヶ谷駅を利用するのが1番分かりやすいですね。
     市ヶ谷駅を使う場合は、駅の改札口(JR専用の改札口は1か所しかありません)を出たら目の前に横断歩道があるので、そこを渡って交番を右手方向に向かい、そこから道なりに進めばたどり着きます。交番の左側に行ってしまうと橋を渡って外堀通りに行ってしまうので気を付けてください。
      
      次に車を使う場合ですが、駐車場は日本武道館のある北の丸公園内にあります。
     ただ、車の場合は九段下駅から歩いて武道館に向かう人と同じ道から入場すること(靖国通りから入場すること)はできません。同じ北の丸公園内にある武道館と駐車場ですが、靖国通り側からは車で入ることが禁止されているためです。
     
     なので、内堀通りの千鳥ヶ淵方面、もしくは竹橋方面から駐車場に入ることとなります。

     その駐車場は第1から第3までありますが武道館に近いのは第3駐車場なので、出来ればそこを狙いたいところです。
     が、収容台数は260台までなので、近くに停めたい方は早めに来場されることをお勧めします。

     ※参考として以下に武道館周辺の地図に繋がるページを掲載しておくので、参考にしていただければ幸いです。

     https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%AD%A6%E9%81%93%E9%A4%A8/@35.6903118,139.7523741,16z/data=!4m2!3m1!1s0x60188c6b802bf413:0x215b5c71c9657188?hl=ja

     ちなみにこの駐車場を使うとコンサート終了後30分以内に退場することを要求されるので、コンサートの余韻を楽しみたい方は車ではなく電車で来られることをお勧めします。





     【武道館コンサート・ライブの歴史】

     その武道館も完成した頃はコンサートやライブが行われることはありませんでした。あっても、お客さんを入れない形で行われていました。

     それはやはり「武道館」という日本の精神を鍛える場として作られた場所なので、武道のない演目であり、お客さんが盛り上がることで日本の武道を鍛える場としての「わびさび」を失いかねないコンサートやライブを日本武道館で行うことに抵抗を覚える人がいたためです。

     その武道館で最初にライブを行ったのがあのビートルズなわけですが、その際も騒動が起きることを想定して警察の機動隊が投入されたくらいでした。

     そういった事実があったために日本人はなかなか武道館でライブやコンサートを行うことはありませんでしたが、1975年になって西城秀樹さんが日本人で初めて公演を行ったことで、その後は様々な歌手のコンサート・ライブ会場として使用されてきました。

     【日本武道館でコンサートやライブを行うことの価値】

     日本武道館でコンサートやライブを行うことは、アーティスト、団体にとっては一種のステイタスになっていることが多いです。
     というのも、武道館でそれを行うことは、それだけ一流で名が通っているアーティストや団体だということを示すからです。

     勿論1万人は入る会場ですからそれ相応の人数が来ないといけないのもありますが、実はこの武道館をコンサートやライブで使用する場合、かなり厳しい条件があります。

     主なものとしては以下の3つです。

     ・興行が黒字で終わること
     ・負債を武道館側が負わなくても良いと理解できること
     ・器具等を破損したら即補償だということ

     このなかだと、1番最初の「興行が黒字に終わること」が1番大事なこととなります。
     つまり、この武道館を使えるということは黒字が見込めるくらいの人数が入る=名が知れ渡ったアーティスト、団体である必要があるからです。

     要は無名な歌手が突然武道館でやること自体が無理なんです。ある程度名が知れ渡っていて、黒字を出せるくらいの興行をできる力がないとダメなんです。

     そういったところから、武道館でライブをするということはアーティスト、団体にとって一種のステイタスになるということです。 

     勿論今ではドーム公演の方がアーティストや団体によっては人数が武道館よりも収容できる点で位置付けが高いですが、こういった条件を乗り越えることができるくらい自分たちは力が付いたんだと感じることができる武道館ライブを今でも高い位置づけに置いている方が多いのもまた事実です。





     【まとめ】

     武道館への行き方、歴史やここでライブを行うことの価値は分かりましたか?

     申し上げたようにここでライブをすることはそれだけ黒字が約束されるアーティストや団体しか許されないことなので、今回ここで4日間も行えることはとても凄いことです。

     しかも今年はアンダーライブが武道館で行えるんですからね。始まった当初を考えると信じられないですよね。要はそれだけ乃木坂人気が上がってきたということです。

     今回アンダーライブだけ行く方、クリスマスライブだけ行く方、またはどちらも行く方といらっしゃると思います。
     その方々に、今一度日本武道館でライブを行うことは凄いことなんだと改めて知ってもらいたかったので今回紹介させてもらいました。

     最後に、長文にはなりましたが読んで頂いてありがとうございました。1人でも多くの方に武道館でライブをすることの凄さを分かっていただければ幸いです。

     乃木坂ファンはクリック願います

    にほんブログ村

    乃木坂46 ブログランキングへ

     ※当ブログを定期的にご覧になりたい方はこちらからRSS登録を

    乃木坂46物語 [ 乃木坂46 ]




    乃木坂46の軌跡はこちらをチェック!


    関連記事
    スポンサーサイト



    COMMENT 0